沿革

年 月事   項
昭和33年5月 出資金50万円 有限会社みなと石油商会を設立日本石油株式会社の販売店として、 親会社藤木企業株式会社並びにその関係会社に日石製品の供給を主体に 中区北仲通2丁目14番地にて事業を開始
昭和34年4月出資金200万円に増資
昭和34年5月ベイサイド新山下SSを新設し港湾関係をはじめ一般顧客に拡販
昭和35年6月出資金400万円に増資
昭和36年10月出資金800万円に増資
昭和36年12月フリーポート大船SSを鎌倉街道口に新設
昭和37年4月日本石油株式会社特約店となる
昭和37年5月株式会社みなと石油商会に組織変更
昭和37年8月資本金を1,000万円に増資
昭和38年6月名古屋営業所を藤木海運株式会社内に開設
昭和38年7月資本金を2,000万円に増資
昭和38年9月ベイサイド新山下SS増改築、本社中区北仲通より移転
昭和39年10月資本金を3,000万円に増資
昭和40年12月寿丸新造、海上給油強化
昭和41年12月名古屋営業所が日本石油株式会社特約店に昇格
昭和45年6月日石灯油の店、12店設置
昭和45年7月資本金を6,000万円に増資
昭和46年6月名古屋篠原橋給油所を中川区中川警察署前に新設
昭和48年4月ベイブリッジ本牧SSを埠頭構内に新設
昭和49年3月石油ガス・冷暖房機器部門を分離し、それぞれ㈱みなと液化ガス・㈱みなと空調設備を設立
昭和49年9月電算室設置
昭和51年4月日本火災海上保険株式会社と代理店契約締結
昭和51年9月ベイサイド新山下SS隣接敷地内に鉄筋コンクリート建て潤滑油倉庫を設置
昭和51年9月電算室を分離、㈱みなと計算センターを設立
昭和57年4月札幌営業所を北海道札幌市に混焼式ボイラーの販売拠点として開設
昭和57年4月スウェーデン・EURONOM社と、多目的ヒーティングボイラーの日本総代理店契約を締結(現在、暖炉・ボイラー事業は行っておりません。)
昭和58年12月スウェーデン・HANDOL社と、暖炉ストーブの日本総代理店を締結
(現在、暖炉・ボイラー事業は行っておりません。)
昭和60年11月デンマーク・TWIN HEAT社と、CSストーカー(固形燃料連続燃焼装置)の日本総代理店を締結(現在、暖炉・ボイラー事業は行っておりません。)
平成元年2月片倉給油所を内外商運㈱より、移管運営開始
平成02年7月ベイブリッジ本牧SS全面改装
平成06年4月本社屋併設ベイサイド新山下SS竣工 本社事務所部門を本牧より新山下に移転
平成16年4月資本金を7,000万円に増資
平成18年10月資本金を8,000万円に増資
平成19年10月本社屋を『藤幸会館』に改装
平成22年 8月根岸SS運営開始
平成31年 3月根岸SS運営終了
hp_work1_bg
hp_work1
hp_ofuna1_bg
hp_ofuna1
hp_negishi1_bg
hp_negishi1
hp_scene1
hp_scene1
hp_sinyamasita1_bg
hp_sinyamasita1
hp_trc1_bg
hp_trc1
hp_tr1_bg
hp_tr1